護摩!おかげの力を信じればこそ!

7月20日早いものでもう10日もたてば8月になります。また、コロナも感染者が再び増加しはじめました。近頃はよいニュースがあまりありません。故に人々の気持ちがなんとなく後ろ向きになってしまっている。そんな風に感じて仕方ありません。

先日17日に護摩を修しました。この時期の護摩はまさに行。しかし、仏の功徳というものが、はかり知れないことを熟知しているので全身全霊で修しております。世の中は便利になりました。その分、目に見えない力を人々は軽視してしまいがちです。自身が欲する形を得ることができなければ『祈り』など必要ないのだ。そう思っている人をよく見かけるようになりました。

人は太陽の恵みのもと空気を吸い、水をいただく、それだけではありません。ありとあらゆる命の恵みを頂戴しています。その全てを人間は作り上げることはできません。人が科学で解明できていることはほんのわずかです。それを忘れてしまっては破滅しかありません。今一度、基本に立ち返り、おかげによって生かされている、そのことに『感謝』することは大切であると思います。そうすればきっと前進する活力が生まれ、おかげの力、仏の力、功徳がとどけられるのだと思います。

 

ブログの最後になってしまいましたが17日の定例護摩にご参拝の皆様、遠いところまた、コロナ感染予防対策で参拝時間が短いにもかかわらず、ようお参りでございました。皆様はおかげの力を純聖寺の護摩などを通じよくご存知の方々です。

今回は24名の参拝者様のお加持をさせていただきました。先にも述べました通り、真剣に前に進みたい、おかげをいただきたいと思われる皆様に、これからも全身全霊を持って護摩を修させていただきたいと思っております。

上手くいかない時もある、でも念ずれば必ず、当寺院の仏さまがお応えになられ、花、開かせるはずです。20日、28日と護摩です。功徳が届きますことをお祈り申し上げます。

合掌

 

Instagramもどうぞご覧下さい。

https://www.instagram.com/oomisan_junshouji

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

先頭に戻る