本日は定例護摩でした!

毎月第三日曜日は定例護摩予約制ではございますが、午前10時~・午後2時~の二座、不動一段尽護摩を修させていただきました。今日はお大師さまの縁日の護摩です。護摩の前法要の際の仏様を撮影致しました。心がお疲れのとき、ちょっと元気になりたいときどうぞご覧ください。 合掌

南国愛媛でも寒かった!

7日8日と愛媛松山に出向でした。

しかし、黄砂と花粉。。。それだけでなく半端ない寒さでした。

朝起きてびっくり!霊峰、石鎚山が雪で真っ白でした。この時期にありえません。

しかしながら、定期便の愛媛への出向ご相談者さまの前進するお姿を見てホッと致しました。愛媛松山での次の相談月は六月。

それまで石鎚山とさようならです。また違う景色を見させていただきます。  合掌

働きながらお坊さんになる。僧侶になりたい。僧侶入門。《僧侶になったお弟子さんの声 其の二》

こんにちは星名天弘と申します。現在、純聖寺の宮城県布教所の聖僧侶として毎日を送らせていただいております。

私は小さき頃より、人の大きな悩み苦しみを目の当たりにし、 真面目な性格からもあり、それらの苦しみの原因と何故そのようになるのかを探求しておりました。社会人として勤めている中、真言密教という仏教のご縁を賜りました。すぐにお寺へ出家し、9年間真言密教僧侶としての様々な基礎を学習させていただきましたが、その後、寺を下りしばらくの間、一般人として生活を送っておりました。

仏教を離れた生活、もやもやとした気持ちの日々を過ごしていました。そのようなとき、あるきっかけで純聖寺を知りました。十一面観音菩薩や諸佛の導きをいただき、自分の道は僧侶しかないと再び門を叩く決心ができました。

働きながら学べる。寺に9年いた経験上、本当に大丈夫だろうかと不安もありましたが、はじめて師とお目通りさせていただいた時の感動は今でも忘れません。弟子入りをして行を始めました。学院では加行作法だけではなく、丁寧に実践に即した読経や聲明に関しての指南もしていただきました。私の想像以上にきっちりされているのに感銘致しました。お師匠さまが「ここはあなたの他にも僧侶経験者が何人かいますからしっかりやらないといけませんここは聖行派です。聖行とは仏教を全うに実践するということです。」と言われたときに学ぶ場所は、寺の格式や大きさではなく師僧の本質が一番大切な事だなと実感致しました。

これからも聖行派として精進致したいと思います。 合掌

純聖寺 宮城布教所 星名天弘

 

働きながらお坊さんになる。僧侶になりたい。僧侶入門。《僧侶になったお弟子さんの声 其の一》

私は、身近に寺院関係者が多く自然に仏教に親しみを持ち、我が国の仏教の根源とも言える真言宗を学び生き方に生かし、求道者として歩きたいと真言宗の道を歩む決心をしました。

しかし、仕事持ち、できれば働きながら学べる場所でかつ、しっかりと伝授していただける場所を探していたところ、寺院関係者の知人から姫路成田山の話を聞きました。

ただしその中で聖行派と名乗る僧侶がいるのでそちらの師僧ならクオリティーに申し分ないのではと言われその師僧のいる寺院を探し北本阿闍梨のおられる純聖寺の大弥山専修学院の門を叩きました。

師は私が体得したいと思っていた祈祷の法楽や護摩を幾度となく実践されておられる行僧であり、人格者でもあるので密教だけではなく人の道をも指南していただける有難いお方です。

私自身伝授は終わりましたが今後もまだ修行は続きます。師はおごらず、弟子がつまずけば必ず立ち止まっていただけます。よい師に巡り会い感謝につきません。これからも精進を積み重ね聖行派の一僧侶として恥じぬよう参りたい所存です。

合掌

濟雅

紅葉に見た日本人の人間力

タイムリーではないのですが11月下旬に大覚寺に行ってまいりました。紅葉は見ごろを少し過ぎていましたが、お庭に赤色が強調され素晴らしい景色でした。大覚寺は嵯峨天皇ゆかりのお寺でもあり当時の皇族の足跡がすごく感じられます。811年3月11日に当時疫病がはやりなんとかそれを押さえようと弘法大師空海が天皇の命を受けこの地で五大明王による祈祷を行い疫病がおさまったと伝えられています。霊宝館にて特別展もあり仏像も見せて頂きましたがいろいろと感じるものがありました。ありがたいとその言葉しか思いません。連日紅葉をちぎったりして家に持ち帰る方が増加していることが報道で取り上げられます。正直お寺の成り立ち、または神仏に対する礼節を重んじる心があればこのようなことはおきません。入ってはならない。その空気感が感じられないというのはどこか日本人が一番大切なことを忘れているのだと思います。少しばかりの小楽を積み重ねたとしても得ることのできないエネルギー、人間の深管を支えている。それこそが森羅万象、神仏のお力であることをお忘れなのだと思います。合掌こそが人間力を作って行くのだと改めなければなりません。合掌

Scroll to top