護摩の参拝のしかたについて

こんにちは、純聖寺の北本です。

なかなかコロナが落ち着きません。

第4派は一番試練かもしれません。

お気を付けください。4月の護摩は予定通り行いたいと思っておりますが、

注意事項が若干変わりますので

次のブログでしっかり確認しておいてください。

 

さて、最近、ある男性の方から質問がございました。

護摩はお寺に参拝しなければご利益がないのですか?

素朴な疑問ですね!

 

護摩に限らず、御祈願ご祈祷もですが、まず、

①自身が日々精進し努力する力

②神仏のお力または修法者の祈る力

③皆様や世間が賛同し後を押す力

が大切であるとよく申しております。

 

当寺院では②③につきましてはほぼ大丈夫でしょうか。

特にご質問の答えは①のことであると思います。

遠方でお寺に行けない。または、家族が忙しいので自身以外の家族の代わりに参拝するなど。

物理的に難しい場合は、思いを強く持たれ『自身が今、最善にできる精進』でよろしいかと思います。

 

一番いけないのは『護摩木を書いたので良いか~』と終わってしまうことです。

これではお不動様も力が入りません。

日時はブログでご案内しておりますのでご都合がつかない方は

その時間お寺の方へ気持ちを向けていただくとよいでしょう(^^)

 

それから、このようなことがありました。個人的にご祈祷があったときのお話ですが

参拝者さまが、他の方に頼まれお守りを代わりにお買い求めいただきましたが、

なかなか会えず、代金をまだ支払ってもらっていないというお話です。

 

これではご利益は。。。💦というお話ではなくなってしまいます。

仲がよくても参拝者様同士で金銭のやり取りをして貸し借りとなると

良いと思ったことが心にわだかまりとなり③の力が失われてしまいます。

 

寺院ではお守り、お札も郵送できます。

また、護摩木に関しても郵送や代筆(代筆代は頂きます)も受付ております。

 

このようなことになりますと

せっかくのご利益もいただけませんので

寺院にお願い事がある場合は

人を返しての依頼はなさらずに、

必ず直接寺院へご依頼ください(^^)

 

御祈願、ご祈祷、お札、お守り、

護摩木などのことで、

わからないことがあれば

お気軽に寺院へご一報ください。

 

隔たりなくお寺に

ご参拝いただきたいと思っております

 

それでは4月の護摩の日程を送ります。

どうぞご確認よろしくお願いいたします。

 

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top