年末護摩の準備で仏器を磨きました!

12月18日(金)に仏器を磨きました!

真言宗では法要でさまざまな道具を使います。

これを仏器と呼びます!

詳しく説明すると長くなりますが、簡単に言うと

真言宗のお坊さんが使う道具は全て仏様なのです。

仏様の汚れ、垢(あか)を取り綺麗にします。

魔を祓う仏様の金剛色の輝きを復活させて!

20日(日)からはじまる

年末年始の護摩をしっかりと修したいと思います。

仏器磨きは時間がかかりました💦

朝10時~はじめて終わったのは午後5時半!

力も入いりますし、細かい作業もあります。

しかし、真言宗の坊主なら仏器磨きは

一番大切なことを学べる作業であると思います。

仏器の汚れを落とすことは仏様の垢を落とすこと、

それをさせていただくことは

自身の垢落としでもあるのです。

いつまでもおごらずに仏の使いとして精進する。

そうであるから加持力が高まるのだと思います。

鬼滅の刃👹に出てくる、全集中常中ですね😅

合掌

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top