俗名での葬儀は非常に難しい

姫路での僧侶派遣の依頼がありました。後のお寺とのお付き合いが不可能な為、白木の位牌の処分にも困るので俗名で葬儀だけしたいという。ご家族様の事情を尊重するも複雑でした。結論から申しますと俗名での葬儀は仏教のしきたりではタブーだからです。通常は仏様のお弟子にならなければ戒や引導を渡せません。つまり仏様になれないのです。弟子にしていただくためにはちゃんと戒名というお名前をいただかなければなりません。式中に初七日も依頼されましたが本来はこれもタブー。四十九日まで七日ごとに仏様の教えを受けるための法事になります。俗名での葬儀をしてしまうと故人様がその教えを受けることができないのです。僧侶としましても俗名では仏様にお弟子ですと橋渡しができません。嘘は申せません。僧侶としては複雑な弔い方でございました。せめて地獄道に落ちないようにのみさせていただくことしかできません。後はご親族様が故人様を一生懸命に供養なさることをお祈り申し上げます。この世は利便に尽きると安易なお考えはご法度です。故人様のこの世での最後のお見送りです。ご家族様の事情もおありであると思いますがせめてそれならば戒名ありの火葬式の方が弔いの方法としては簡素ではございますが故人様も浮かばれるのではないかと存じます。重ねて『この世は利便に尽きると安易なお考えはご法度!』です

安易なものには必ず裏がある

今日、早朝からタップビジネスで80万円をだまし取られたというようなニュースが流れていました。騙すことは罪!しかし、騙される方も欲に魅せられたと言われれば否定できない。『正見』仏教にはこのような言葉がある。正しい物の見方という意味である。都合、勝手、欲など、正しく物事をとらえる目が現代人は衰えて行っているような気がします。そこには人を思いやる心が失われているように感じる。その背景が最近よくわかるのが葬儀の簡素化だ。時間を急ぐ人の文化は仕方がないのかもしれない。しかし、弔う気持ちまで簡素化になってはならない。新しく参入する葬儀業者・僧侶派遣・白木の位牌処分や仏壇を処分する処分業者利用するなら『正見』を持って見るべきである。しかし寺院はビジネスではない昔も今も変わることなく弔うことを仕事としていることを忘れてはならない。どうぞ『正見』を持って見ていただきたいと思います。

自分でできる遺品の処分

葬儀後によく聞かれることがあります。四十九日が終わると白木の飾り棚の処分はどうしたらよいでしょうか?葬儀業者によっては引き取っていただけるところもあるかもしれませんが現場に行くとたいていは喪主様で処分のようです。正直悩むと思います。葬儀の際に使用したものです。お坊さんに供養していただいた方がよいのかな?そう思う方がほとんどであろうと思います。僧侶の立場から申しますと白木の飾り棚などに魂が入るといった感覚はありません。しかし、気になることでしょうから実際は供養して片付ける方が心苦しさがないと思います。中には故人様が大切にしていた遺品、お茶碗、お箸、コップ、入れ歯、タオル、衣服類など小物だけでもいろいろと悩むと思います。

私のところにもそのような依頼がございます。寺院からお近くの方は法要をさせていただいています。その際、遺品はお寺にお持ちいただいています。ただし、法要のみで処分は施主様にお願いしています。しかしながら、遠方となると来寺することも私が施主さまのご自宅へ訪ねて行くこともできません。その場合はどうすればよいでしょうか。

清めお香供養という方法があります。

当寺院のご本尊様は安芸の宮島から奉戴してまいりました十一面観音菩薩です。十一面観音菩薩は観音菩薩様の中でもさまざまな仏様にお使いになられた優秀な仏様です。また、敵に回すと大変な歓喜天さえもいうことをきかしてしまうお力をお持ちです。その霊験あらたかな十一面観音菩薩の元供養しました。清めお香を遺品へお使いください。全国対応一袋三千円でお分けしています。お気軽にお問合せ下さい。但し、人形などの処分はできません。別の清め香となります。

お問い合わせフォーム

最近はネットのみを利用した全国対応遺品回収業者が多く存在します。簡単に依頼できる裏では供養もせずそのままゴミのように廃棄してしまう業者もあるという心無い話も耳にします。業者は寺院ではありません。ビジネス優先に考えているということを忘れてはなりません。最後は、ご自身の手で丁寧に悔いなく御処分ください。

 

 

白木の位牌処分について 仮位牌どうされていますか?

葬儀後、白木の位牌つまり仮位牌をどうされていますか?四十九日をむかえますと仮位牌から本位牌(黒塗りの位牌)に交換するのが一般的です。当寺院でも四十九日法要で喪主さまから法要が終わった後に仮位牌(白木の位牌)の処分について聞かれることがあります。何も御存じないようで「引き取りますよ」とお伝えするとすごく安心されます。葬儀後にお付き合いがございますとこのようなことも困ることはありません。

しかし、最近の葬儀事情の中で、直接火葬場でお別れをされる火葬葬儀の依頼を受けることが多くあります。核家族化の影響で、特に身寄りのないご親族様やそのご親族様の居住されていた地域が遠方である。そのような理由から葬儀後に寺院を通じての供養をすることができないとうケースがあります。当寺院でも仮位牌(白木の位牌)をお持ちしますがその後、そのような理由から喪主様からの法事のご連絡をいただかないことがよくございます。とはいえ、菩提寺のない状態ですのでその後、魂が入ったままの仮位牌つまり白木の位牌をどのようにされているのか心配になります。

① 納骨はしたものの仮位牌(白木の位牌)だけ残ってしまって処分に困っている。

② 永代供養をお考えでまだ納骨先が定まっておらず、四十九日が過ぎて仮位牌(白木の位牌)の処分のタイミングを逃してしまって困っている。

などのお話も聞いたことがあります。このようなことでお困りではありませんか?また、このようなこと以外にもさまざまな事情で仮位牌(白木の位牌)がそのままということがあると思います。

また、最近ではネットのみを利用した全国対応の仮位牌(白木の位牌)の処分業者が増えてきておりますが、簡単に依頼できる裏では供養もせずそのままゴミのように廃棄してしまう業者もあるという心無い話も耳にします。業者は寺院ではありません。ビジネス優先に考えているということを忘れてはなりません。

僧侶の立場からしますと寺院とのお付き合いができないことと故人様の供養をしてあげないのとは話が違うような気が致します。故人様も生前は懸命に世の中を生きてこられました。人として人のお役に立つこともあった人生。これで最後になっても良いので仮位牌(白木の位牌)を顔の見えない業者にゆだねるのではなく敬意をもって、ちゃんとお寺で丁寧に供養していただきたいと思います。

当寺院では理由は一切問わず、宗派も問わず行先のない仮位牌(白木の位牌)を引き取り供養しております。時代は変わっても魂の在り方は不変であると思います。僧侶としてお役目を頂けるのであればどのような形であれ供養する。これが真言密教僧であると思っております。

当寺院は安芸の宮島から奉戴した十一面観音菩薩のお寺です。そのような方を救うのもお役目。お困りの方がいらっしゃいましたらお問い合わせください。また、仮位牌(白木の位牌)だけではなく本位牌の供養お引き取りも行っております。

お問い合わせ、ご依頼はメールフォームから

※この件についてお困りのご寺院さまもお気軽にお問合わせください(宗派不問)

白木位牌のお引き取り(処分)

Scroll to top