何かあれば、いつでも仏様に会いにいらして下さい。

最近、心身ともに疲れが出ているのを感じていました。衆生の闇を光明に照らす。仏様の慈悲を届ける橋渡し、それが真言密教僧である。

そう心を強く持ちながらも身体は正直です。なかなか奮起していかない。悪循環も起こる日常でした。

毎月の定例護摩、それはさすがにお不動様のお力です。

 

護摩の炎は仏様そのもの、大日如来の化身の不動明王である炎を間近で見ていますと素晴らしいくらい、投身し集中力が発揮できます。

 

 

参拝者もおられるからこそ、その力はぐっと上がります。しかし、自身のことになると投身した分、力を使い果たしたかのようにガックリ下がってしまいます。

そんなに弱かったかな?と。。。自己嫌悪することもしばしばでした。

 

そんな状態でしたので、一度、外に出てみようと京都の東寺と滋賀県の西国霊場の石山寺に行ってまいりました。

東寺には薬師如来や立体曼荼羅の仏様がいらっしゃいます。また、そこには、当寺院と同じ十一面菩薩もいらっしゃいます。

ずっと見つめていると不思議なものです。あれだけ心の中が闇に迷い、もんもんとしていましたが、お時間をいただいたことで随分とすっきりとした感じがしました。

東寺に訪れていたときにもう少し東へ足を延ばしてみようそう思いました。ふと、思ったのが滋賀の石山寺です。何度か訪れていましたが、記憶は遠い昔、訪れてみると新鮮な風景でした。

参道を歩き本堂には如意輪観音菩薩、そして、弘法大師作の不動明王がいらっしゃいます。内陣に入らせていただき、お不動様のすぐそばで手を合させていただきました。

そのときに有難過ぎて、心の迷いや失望感やいろいろなものをお不動様の持つ金剛剣で切って、功徳のある迦楼羅(かるら)の炎で燃やしていただいたかのようでした。帰り路は行きとは違う自身になれました。

お不動さまのお話し動画(YouTube)

https://youtu.be/FJ4LxwaGBoA

今もまだ、私は完全ではありません。しかし、仏様のお力は本当に凄いものです。前を向く力を与えて下さります。

 

そんな仏様が当寺院にもいらっしゃるのですが、私は毎日が目まぐるしく、お勤め以外は仏様と長く対することができません。今日、しばらくゆっくりとお顔を見つめておりました。

いろいろと整えていただきました。お勤めの時は心が落ち着き、ひらめきとして色々と教えていただくことがよくあります。

しかし、多忙に押されて、仏様のお声がけに向き合えず、そんな自身を反省しております。密教僧侶であっても人です。皆様と同じ。

しかし、仏様の功徳が計り知れないことを誰よりも理解し、その功徳の有難さを布教することが役目です。

 

そんなときすぐに仏さまとお会いできるように!そのような思いで行ってまいります。

LINEやブログ、YouTubeなどさまざまなことを行い、皆様がいつでもすぐにお越しになれる安らぎもあり、元気をもらえる寺院を作ってまいりたいと思います。

 

皆様が当寺院の仏様に触れられ、また功徳が届きますように努めてまいります。インターネットからでも結構です。いつでもお気軽にお参り下さい。

 

【純聖寺 LINE公式アカウント】

護摩の案内や、お寺の貴重な情報なども無料配信致します。友達追加が、まだの方は以下のリンクから友だち追加できますのでご活用下さい。

https://lin.ee/2j4iEQ

お知り合いの方を紹介される場合は、こちらのQRコードからお友達追加ができます。ご活用下さい。

 

 

 

護摩の日に起きた神秘的な出来事!

一番最後に仏言のYouTubeがあります。

そちらも是非ご覧ください。

昨日は護摩の日でした🔥

私は師に護摩は鬼を仏の力で明王とさせ力をお借りする法。仏に向かう僧侶の姿勢、正しい気を持って行わなければ命を削られると思い行いなさい。とよく聞かされたものです。その言葉をいつも思い出しながら登檀させていただいております。

夏の護摩は炎がただ熱いだけでなく、蒸し暑さが加わります。また現状マスクは必須、頭が酸欠になりそうでボーっとするときもありますが、先ほどの言葉を思い出しながら入我我入に近づこうとします。

そんな思いを後押しするかの如くお寺では昨日スイレンが咲きました。スイレンは長くて三日ほど、それも午前中にしか花は開きません。二日前、昨日と蕾は自ら出るものの咲きませんでした。でも八月の定例護摩の日に花が咲いたのです。

私はまだまだ道半ばで半熟者そのものですが、命を削ってもこなそうと思う気迫に仏もついておるのだぞとおっしゃってくださっているのかもしれない。これは奇跡のシグナルと素直に思いこれからも精進を誓いました。

そんな縁起があるのですから皆様にもきっと功徳が行きわたるのだと信じています。

今日は気合が入りすぎたのか終わった後、顔が炎でヒリヒリしています。ちょっと唇をやけどしました。終わればヒリヒリの話もおもしろおかしくですが。。。(*^-^*)合掌

 

122回、今日の仏言です。

本日、お不動さまのご縁日、護摩を修しました!

今日は昨日より暖かいですね!

春が近づいているように感じます。

お寺の南高梅も咲きました。

梅の木は2本あるのですがもうひとつの方です(^^)

本日、縁日で早朝四時半より護摩を修しました!

 

 

 

法は本より言(ごん)なけれども

言に非(あら)ざれば顕(あら)われず

真如は色絶(しきな)けれども

色を待って乃ち(すなわち)悟る

 

と言う弘法大師のお言葉があります。

 

自分ひとりが満足をしても、それは幸せとはいいません。本当の幸せとは、人が満足することに私の満足はないとおっしゃられています。

この大日如来がおつくりになった世界は言葉では語れません。しかし、真如、つまり真の現象。喜びと言うものは形があるわけではないのに温もりと優しい空気に包まれます。不思議そのもの。それこそが仏の真理。そして、そこにはたくさんの人々の魂が共鳴しあわなければ喜びにはなりません。

 

たとえ、早朝であったとしてもしっかりと🔥をあげて祈らなければなりません。皆様の幸せはわたくしの幸せであります。

今日も良い1日でありますように!

合掌

今日は節分です!

1月は去り今日は2月2日です。いい夫婦の日でもありますが

124年ぶりの2日の節分です。いろいろありますね。

しかし、時が経つのはあっという間です。

 

1月31日の護摩の前の勤行ですが

気持ちを落ち着けたかったり、また嫌なことがあったり

やる気を起こしたかったりしたいときはご覧ください。

ちなみに私はホッとしたいときに眺めています。

不思議と気持ちがすっきりします。不思議です。

皆様もどうぞご覧ください。

 

今日は風がありましたが暖かい感じでした。

しかし、明日はまた寒いらしいです。

でも週末は暖かくなるようです。

季節は前に進んでいます。

 

我々も止まっいなで気持ちを前に走らせなければならないですね。

皆様に功徳が届きますように!

合掌

鬼滅の刃と密教観!

先週ついに炸裂しました⚔️

ヒノカミカグラ🔥

『鬼滅の刃』は流行ですので私も見ております(^-^;

ところで『鬼滅の刃』は密教に精通するところが非常に多く私はそちらの方に関心があります🔅

 

まず、鬼は人の煩悩の塊です。密教では鬼=魔と考えます。その魔(煩悩)は大日如来の智慧のエネルギーにより溶かされます。大日如来は密教では太陽に例えられることがしばしばあります🌞

『鬼滅の刃』では太陽にあたると鬼は死んでしまいまますよね😱それから鬼を倒すためのもう1つの方法は鬼の首をはねることです。密教では大日如来が衆生救済の為に変化し下界に降臨する仏様が不動明王であると言われています。

このような出で立ちで煩悩を断ち切る剣を持ってますよね!つまり鬼=魔を成敗するんですね!

鬼を退治する日輪刀はまさに大日如来、お日さまの日です。そして、大日如来の化身である不動明王は密教では教令輪身と言います。言うことを聞かない悪人を仏法の力で矯正させる仏様なのです。つまり日輪刀の輪は教令輪身の輪ということです💡

そして、炭治郎が使う水の呼吸です。水とは密教で安心立命をもたらす大悲の水です。全てを癒し、清め、安堵を与える。まさに主人公の炭治郎の優しさは仏様のようです。鬼になる以前の人はもともとは清い!そのためいくら人を食らっても慈悲をかけます。まさに仏の心ですね!水はそのような鬼の罪を流してくれるものです。

我々、密教僧もこのようなラン.バン加持をして水で心、人、場所を清めます。

ランは火です。バンは水です。

煩悩=魔は大日如来の智慧の光(日)で照され溶かされます。そして心身を潤す悟りの水となります。その水で自身を清める。毘盧遮那仏は大日如来!

ヒノカミカグラ🔥はまさに最高峰の仏様、大日如来の成敗なのですね⚔️つまり、水と大日如来のヒノカミの日を使う炭治郎は大日如来そのものです🌞

『鬼滅の刃』の原作者さまに脱帽です🙇

合掌

忙しくとも、落ち着いて。

この前まで10月でしたのに、もう11月8日です。

早いですね!あっという間です。

 

年末の護摩の準備がはじまりました。

(^-^;大変です。加えて様々な用事が入り、追われるような日々を過ごしています。

忙しいとは心を亡くすと書きます。

お寺の椿が咲いています。

毎年必ず綺麗に咲いてくれます。

花のように落ちついて、自分の使命を全力で全うすること!

人間は欲深く、色々やりたいことがあるので、忙しくなってしまうのでしょう。

心のブレーキを踏まないといけないのでしょうね。

 

年の瀬が近くなってきました。

みなさま、慌てず焦らずこなされてください。

合掌

 

 

先頭に戻る